量産品と同等の品質で試作品がほしい | 合同会社TPMカンパニー

ホーム TR工法(試作) 技術案内 品質管理 ゴム特性案内 ゴム豆知識 よくある質問
3日でゴムの試作品がほしい
試作品なのでコストをかけたくない
試作品の形状や素材について相談したい
TR工法で製作した試作品に印刷や塗装がしたい
製作した試作品の性能を評価したい
量産だが少量なのでTR工法で製作したい
個人でも対応してほしい

TR工法品は量産品を生産するのと同じ材料にて試作品を成型し、成型に用いる簡易型の加工精度は金型品とほぼ同等なので、TR工法で製作した試作品は量産成型品と同等の品質にて提供することが可能です。

■量産成型品と同一材料にて対応可能 

TR工法でのゴム成型は量産時のゴム成型と同じ、熱と圧力によるプレス成型となります。したがって試作品の成型に用いる材料は特別な試作材料ではなく、量産でも用いる材料となります。TR工法品と通常の量産品の素材による物性の違いはありません。
※TR工法品と量産品が同一の材料を用いないと同一の物性にはなりません。

支給材料での対応について
弊社では量産品と同じ材料を要望の場合は材料を支給頂ければ、当該材料を用いての試作品成型は可能です。ただし、支給品での対応の場合は事前に材料の収縮試験、加硫試験を弊社にて実施する必要がありますので、その期間だけ納期がかかりますが予めご了承ください。

■量産成型品と同等の型精度で対応可能

TR工法品は金型による量産製品とほぼ同等精度で試作品の提供が可能です。

したがってTR工法での試作品を持ちいて、パッキン類の勘合確認やシール性確認などゴムの寸法精度が重要な試作品にも利用いただける工法です。

■営業日カレンダー■

●営業時間 ・・・ 8:30 〜 17:30
●定休日 ・・・ 赤文字(土、日、祝日)
●メール対応 ・・・ 365日(年中無休)

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30