TR工法

試作品なので
コストをかけたくない!
TR工法は従来のゴム試作成型品を「速く」「安く」提供するための工法です。
速く!提供するのですから、速い分だけ通常の金型試作成型と比較してコストがかかっておりませんので、提供する価格は従来の試作金型と比較して 平均納期1週間!
最短納期3日間!
して提供する事が可能です。
ゴム低価格試作 理由その1
スピードの速さ

従来の金属型と比較して樹脂や軽金属を用いるため、型の加工時間を大幅に短縮する事が出来ます。加工時間の短縮はもちろんコストに大きく影響しますので、その分だけコストを抑えて試作簡易型を提供する事が可能です。

また日々数多くの試作簡易型を製作しておりますので、設計担当者は他の金型メーカーと比較して多くの簡易型を設計しております。この多くの設計経験が新たな簡易型の設計作業の際に貢献し、設計スピードを大幅に短縮することができます。こちらも結果として作業時間の短縮からコストを抑えることができます。

ゴム低価格試作 理由その2
社内一貫生産

簡易型の設計から製作、簡易型を用いたゴムのプレス成型、成型品への印刷や追加工、その他の試験評価まですべての工程を社内にて一貫して対応しますので、工程間の無駄を省く事でコストを抑えてゴムの試作品を提供する事が可能です。