熱伝導体としてのシリコンゴム|ゴム簡易型試作「TR工法」の合同会社TPMカンパニー

ホーム TR工法(試作) 技術案内 品質管理 ゴム特性案内 ゴム豆知識 よくある質問

熱伝導体としてのシリコンゴム

シリコンゴムは優れた熱伝導を有しており、この特性を生かして放熱シリコン等が製品としてありますが逆に熱を遮断する目的ではおすすめできません。

シリコンゴムの伝導性を活かして作られているのがシリコンゴム製の放熱シートなどがあります。電気部品等で発熱体となる部品に放熱シリコンシートを貼り付けることで、発熱体から発生する熱がシリコンシートを通して放熱され、一定以上の温度域に到達しないようにします。

<シリコンゴムについての不明点や疑問点を募集しております>
シリコンゴムを利用して商品を作るうえで様々な問題や課題にぶつかると思います。そんな時に身近に相談できる相手がいると嬉しいと思います。その役目をTPMカンパニーがお引き受けします。先ずは我々専門家に相談してください。きっと解決の糸口が見つかると思います。

●シリコンゴム相談メール窓口(担当:郡山(こおりやま)) → info@tpm.co.jp

ご相談頂く内容によっては即答できないケースもあるかと思いますが、きっと何らかの回答をさせて頂きます。

■営業日カレンダー■

●営業時間 ・・・ 8:30 〜 17:30
●定休日 ・・・ 赤文字(土、日、祝日)
●メール対応 ・・・ 365日(年中無休)

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31