絶縁や導電材料としてのシリコンゴム

シリコンゴムは絶縁材料としても最適な材料です。その絶縁性は広い温度域でも安定しており、水に浸しても絶縁としての性能低下がほとんどなく優れた抵抗性を発揮するため高電圧にかかる部分の絶縁材料としても広く使われております。

なお、シリコンゴムの絶縁性について説明しましたが、シリコンゴムはラバーキー(ラバースイッチやキーラバー、単にスイッチとも呼ぶ)にも利用されますが裏面のシリコン製接点は電気を流す目的ですから絶縁体では不可となります。そこで絶縁体であるシリコンに導電性材料(主にカーボン)を付与します。導電性材料を付与することで絶縁体であったシリコンゴムが導電体となり、シリコン製の接点等に利用されます。

導電シリコンについてはご相談ください。また絶縁体であるシリコンはその特性から静電気を帯びやすいという、デメリットもあります。このデメリットを解消するために帯電防止シリコン材料もグレードとして大手シリコンメーカーにありますのでご相談ください。

なお静電気は商品化したシリコンゴムに埃などを付着させてしまいます。かといって帯電防止シリコンでは商品に想定していたようにならないケースでは成型後にシリコン商品に対して表面コーティングを追加工する事で対応する場合もあります。表面コーティングを施す事で表面の摺動性を向上し埃の付着を防止します。コーティングの種類についてはシリコンコーティングが一般的ですが、ウレタンコーティングやフッ素コーティングもありますのでご相談ください。
※コストはシリコンコーティング→ウレタンコーティング→フッ素コーティングの順に高くなります。